関連ニュース・事件

「結婚してはいけない」パートナーの特徴。モラハラ・DV男性をチェックリストで見抜こう
  • 現代では、日本人の“3組に1組”が離婚しているーー。これは、女性の離婚問題を専門とする弁護士・後藤千絵さんの著書『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本』の中で紹介されている離婚の実情です。そんな中、年間約300件、のべ3000人以上の離婚相談に乗ってきた後藤さんは、一人ひとりの結婚の悩みと向き合ううち、離婚の原因となる“パートナー”の様々な共通点を見つけたといいます。


    「避けられる離婚は事前に回避して、ベストパートナーと、末永く幸せな結婚生活を送れることを望んでやみません」という後藤さんの切なる願いが託された本書。弁護士の視点から捉えた、結婚生活を不幸のどん底に突き落とす「結婚してはいけないパートナー」とはどんな男性か、具体的な事例とその特徴を、一部抜粋でご紹介します。


    一概に、結婚してはいけないパートナーと言っても、結婚後の生活の中で、ある程度改善できるものと、まったく改善が不可能なものがあります。誤解を恐れずに言えば、改善できない項目の傾向を持つ相手とは、そもそも「結婚してはいけない」のです。  特に注意すべきは、DV(ドメスティックバイオレンス=家庭内暴力)、モラハラ(モラルハラスメント=言葉の暴力)の傾向を持つ男性です。この2つは改善がほぼ見込めませんので、けっしてパートナーに選んではいけません。 とはいえ、DVやモラハラの資質を持つ相手には、非常に魅力的に感じる一面もあり、ダメだと分かっていてもついつい好きになってしまう人も多いのではないでしょうか。自分の感情に嘘はつけません。恋愛関係であれば、ある程度は理解できます。 ただし、結婚は違います。一度結婚したら、簡単に離婚はできませんし、周囲の人を巻き込む可能性もあります。子どもができたら、なおさらです。いまの彼氏や気になる人に、これからお伝えする傾向があるかどうかくらいは把握しておいて損はありません。 モラハラの最大の特徴は、なんといっても、「相手を支配・コントロールし、自分の意のままに従わせようとすること」です。まずはそれを頭に入れていただき、実際にあった事例を挙げながら、モラハラ男性の特徴を紹介していきます。 では、早速、モラハラが原因で離婚に至った事例を見てみましょう。


    【モラハラ】人も羨む東大卒キャリア官僚の夫から、「1回死ねば?」という衝撃的な一言


    地方出身の聡美さん(仮名・32歳)は、都内の国立女子大を卒業後、就職はせずに、学生のときに知り合った東大卒のキャリア官僚である尊さん(仮名・34歳)と結婚しました。  当時、夫が勤務する官庁で新聞を賑わす事件があり、その後夫は後始末に忙殺されていたようです。官僚の働きすぎや家庭崩壊が話題になってもいる時期でした。とはいえ、そんな事情を夫が聡美さんに話すことはありませんでしたし、ニュースを見て気になった聡美さんが訊ねても「関係ないから」「キミに言っても分かんないよ」と言い続けるだけでした。夫は、聡美さんから職場の不祥事の質問を受けること自体がプライドを傷つけられている様子でしたので、聡美さんも深く聞くことはしませんでした。 しかし、夫の振る舞いには、目に見えて異変が生じるようになりました。 もともと夫は、宅急便の配達員さんや飲食店の店員さんに横柄な態度を取ることが多く、聡美さんはいつも恥ずかしい思いをしていました。ところが、この頃から夫の攻撃は聡美さんにも向かうようになったのです。 夫が少しでも癒されれば……と、聡美さんは日々の子どもの様子をできるだけ詳しく報告するようにしていたのですが、夫はうるさいと言わんばかりの迷惑な顔で、「報告とかいいから。主婦はいいよな、三食昼寝付きで」「いつも暇なの?」と悪態をつく始末。聡美さんは困惑するしかありませんでした。 それどころか、聡美さんが何も言っていないのに、酒に酔った夫から「1回死ねば?」「おまえなんて生きる価値がないわ」などと絡んでくることもあったといいます。 夕食の献立にも難癖をつけ、サバの塩焼きが少しばかり火が通っていなかったからといって「俺を食中毒で殺す気か!」「おまえと違って俺には100倍価値があるんだよ!」と激昂し、娘の目の前で皿ごとひっくり返したこともありました。


    あるとき、いよいよ耐え切れなくなった聡美さんは義母に相談しました。すると、義母が涙ながらに「私が悪かったのかもしれないわね」と、夫の少年時代について語り始めたのです。義母は、夫を中高一貫の有名中学に入れようとスパルタ教育を行ない、小学生の夫の手に鉛筆を突き刺しながら勉強をさせていたというのです。その結果、夫は有名中学に合格しましたが、合格したときには感情をまったく表に出さない子になっていたということでした。義母は「息子をお願いします」と泣きながら頼んできましたが、「子育ての失敗を私に押しつけられても……」というのが聡美さんの本音でした。 その後、再び夫の八つ当たりのような暴言を受けた聡美さんは、実家に戻り、離婚調停を申立てました。世間体を気にする夫は離婚に難色を示し、調停は揉めに揉めましたが、2年後に無事、離婚が成立しました。  いかがでしたでしょうか? これはけっして聡美さんだけに起こった特別なものではありません。むしろ、いわゆる「エリート」と結婚した女性には誰にでも起こり得る問題と思います。高収入を得る「エリート」は、やはり収入に比例して労働時間が長くストレスが溜まりやすい。それは避けられない事実であると言わざるを得ません。  私がこれまで3000人の離婚相談を受けてきた経験から申し上げますと、モラハラをする配偶者には、よくよく観察すれば際立った特徴があります。


    【モラハラ男の特徴】


    (1) 自分を正当化し、悪いことは人のせいにする


    (2) 頭の回転が速く話はうまいが、自分の意見を押し通す


    (3) 会話のキャッチボールができず、気づけば自分の話になっている


    (4) とにかく外面がいい


    (5) 他人を見下すような振る舞いが多い


    (6) すぐに激昂して暴言を吐く


    (7) 周囲からは「頼りがいがある人」と思われている


    (8) 高学歴・高収入だが、重度のストレスを抱えている


    (9) 親から十分な愛情を受けていない。もしくは、スパルタ教育の中でいい子を演じてきた


    モラハラの相談を受ける際に、本当によく耳にするキーワードが「いまから思えば」です。皆さん、「おかしいな?」と直感的に思ったことが一度や二度はあったらしいのですが、気のせいだとして見逃してきたと言うのです。自分の本能は事前に危険を教えてくれていたのに、実にもったいない話です。


    【DV】クレーマー気質に要注意!結婚相談所で知り合った男の正体


    モラハラ男に続き、DV男についての事例もご紹介したいと思います。 DVはけっして治らないので、1ページ目の【DV】のチェック項目であなたの彼氏に1つでも当てはまる項目があれば、最大限の注意を払っていただきたいと思います。  洋子さん(仮名・40歳)は、短大を卒業後、地方の信用金庫に就職しました。同い年の厚さん(仮名・40歳)とは、40歳手前で入会した結婚相談所を介して知り合い、1年ほど付き合って結婚しました。夫は病院の看護助手をしています。  夫は、普段は優しく穏やかで病院のお年寄りからも慕われていたようなのですが、いったん客の立場になると打って変わって横柄な態度を取ることがよくありました。 交際していた当時、最も印象的だったのは、デパートで少し高価な肉を買って帰り、すき焼きでもしようという話になったときのことです。デパ地下にある有名精肉店ですき焼き用の肉を買ったのですが、帰ってきてから、彼が少し肉の臭みがあると言い出しました。洋子さんが確認しましたが、まったく匂いは感じられません。そもそもこの肉は閉店間際のタイムセールで3割引きとなっており、普通の感覚なら少しばかり臭みがあっても仕方ないと思うところです。 ところが、夫はさっそくデパートに電話をかけ、30分ほど話をしていましたが、夜の10時過ぎになってデパートの担当者と精肉店の店主が菓子折りと新しいすきやき肉を持って謝罪にきたというのです。 夫はすべて自分の手柄と言わんばかりで嬉しそうでしたが、洋子さんは何をどう言ったら、デパートの担当者と精肉店の店主が菓子折りまで持って謝罪に来るのか、少し怖くなりました。 結婚後1カ月は、比較的穏やかな日々が続きました。しかしながら、2カ月くらい経ってから、夫が市役所やテレビ局に頻繁に電話をかけていることに気づきました。内容としては、日々のイライラをぶつけているような感じで、自分の名前も名乗らず、一方的に文句を言っている様子でした。 夫の仕事は病院の看護助手ですが、病院内のヒエラルキーで医師にはまったく頭が上がらず、ひどい扱いをされる場合もあると聞いていたので、ストレスが溜まっているのかな、と思っていました。


    ところが結婚後3カ月ほどして、夫のストレスの矛先は洋子さんに向かってきたのです。最初は、物に当たっていたのですが、そのうち、突然水をかけられる、頭をはたかれる、腕をつねられると言った暴力を受けるようになりました。病院勤務の彼は巧妙なところがあり、暴力を振るう力を加減し、傷が残らないようにしていたと言います。 そんな夫にほとほと嫌気がさし、洋子さんは半年後に実家に身を寄せ、弁護士を立てて離婚を申し入れました。夫は、洋子さんに別の男ができたと疑い、不倫を主張していましたが、当然証拠はなく、1年後に離婚が成立しました。  これはけっして「他人事」ではなく、結婚相手によっては、身近に起き兼ねないことなのです。DV男の主な特徴は次の7つに絞ることができます。


    【DV男の特徴】


    (1) 感情のコントロールが効かない


    (2) ストーカー気質である(束縛する・嫉妬深い)


    (3) 外面が極めてよくて、周囲からの評判は「好青年」


    (4) 幼少期DVを受けていた(DVの連鎖)


    (5) クレーマー気質である


    (6) 立場が弱い者に強く出て、強い者には何も言えない


    (7) 自己評価が低い人の心につけ込む


    中でも、モラハラ・DVに共通する「弱い者には強いが、強い者には弱い」「外面が極めていい」という2つの特徴には、特に注意してみてください。  DV加害者と真剣に縁を切るには、情にほだされてはいけません。DVが改善することは残念ながらほとんどありません。少なくとも私は聞いたことがありません。自分を大切にして、強い意志でDV加害者と縁を切ってください。 モラハラ・DV男を結婚相手に選ばないだけでも、離婚のリスクは大きく減少します。なぜなら、(耳にタコができるくらいにしつこく言いますが)モラハラやDVは、結婚後の改善が期待できないからです。 彼らを結婚相手として選択しないことは「幸せな結婚」の大前提なのです。


    引用先:「結婚してはいけない」パートナーの特徴。モラハラ・DV男性をチェックリストで見抜こう(webマガジン mi-mollet) – Yahoo!ニュース


様々な状態に対応

「男女のお悩み」解決サポート

PAGE TOP