様々な状態に対応

よくある状態

このような状態で悩んでいませんか?

  • もう何もしたくない、生きていく事にも疲れたという様な言葉を発する

  • 命令や束縛で家族の自由を奪う

  • 言う事を聞かないと犯罪を犯す、死んでやると言い出す

  • 普段は家にこもっているが、趣味や用事のためなら外出する

  • 学校にも行かず、働きもせずにTV・パソコン・携帯・ゲームに依存している

  • 注意をすると暴言・暴力・反抗的な態度をとる

  • 過去にいじめやトラブルがあり人との接触が怖い(人間不信)

  • 都合の悪いことは全て人のせいにしてしまう

  • 働く意思はあると言いつつ働かない

解決サポートのこだわり

  • 完全秘密厳守!
    個人情報の
    管理を徹底!

  • 追加料金一切無し
    適正な料金提案

  • ご相談者様
    (ご家族)との
    信頼関係を第一に

  • 半永久サポートで
    安心と信頼の誓約

  • ひとりひとりに
    目標と目的
    (ゴール)を設定

  • 「自立プラン」
    「訪問プラン」
    「フリープラン」

相談解決事例紹介

解決事例 14

中学、高校と進学校に通い、名門大学に入学したYくんでしたが、1年生の秋ごろから休みがちになり、自宅でゲームをして過ごす日々が続きました。 日に日にゲームにのめりこみ、昼夜...

続きを読む
解決事例 13

幼いころから過干渉なお母様に育てられたNさんは、26歳のときに結婚し、一時の母となったのですが、子供への愛情のかけ方がわからずネグレクトに…。 30歳目前に離婚が成立し、...

続きを読む
解決事例 12

大手企業に就職していたTさんは、上司からのパワハラによる精神的・身体的苦痛を与えられ、自宅にこもるようになりました。その頃から親子の関係も悪くなり家庭内暴力へと発展。ご両親...

続きを読む

解決サポートのご紹介

企業理念

あなたにも家族のみんなにも必要不可欠な会社であり続けたい

企業理念 「ひきこもり」「大人のひきこもり」「女性のひきこもり」「中高年のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などなど様々な問題を抱え悩んでおられる当事者とそのご家族の方たちをサポートし最良のパートナーを目指し皆様に愛され安心していただき信頼される会社であり続けることを目標としております。

創業理由

「ひきこもり」「大人のひきこもり」「女性のひきこもり」「中高年のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などなど様々な問題で悩んでおられるご家族やご家庭が全国に数百万件以上あります。 この現状を踏まえこの事業を始めるきっかけとなったのが前職との出会いでした。
前職とは様々な人間関係での問題やトラブル事を解決しサポートする総合相談事業を行っておりました。
例をあげますと、人間問題トラブル全般・夫婦問題トラブル・男女問題トラブル・浮気・不倫問題トラブル・家族問題トラブル・お子様問題トラブル・金銭問題トラブル・インターネットトラブル・消費者問題トラブル等々、様々な問題やトラブルの相談を受け改善・解決そしてサポートを行ってきました。様々な問題やトラブルに関わり挑戦し知識や実績を得ましたが特に興味を持ち生涯従事していきたい仕事はこれだ!と強く思えたひとつがこの「お子様問題・家族問題・家庭内問題」でした。数ヶ月、1年、5年、何十年と「ひきこもり」「ニート」「不登校」を続けていた当事者(お子様)と直接お会いしお話をしていくうちに最初は半信半疑ですが私達と一緒なら大丈夫と思う気持ちになってくれ外に出られる様になり、少しずつ人と関わる様になり会話やコミュニケーションを覚え人間関係や自分の考え、価値観で挫折しながらも日々成長し社会に復帰し自立していく様子を何度も見てきました。感動や感激してしまう事も多々あり私達もご両親も成長させられています。ご両親に今後の流れを説明するときは「完全サポート付きの二度目の子育てですね」などと談笑しながらご説明しています。「大人のひきこもり」や「中高年のひきこもり」は見た目は大人ですが中身は子どものままなのです。実年齢は全く関係なくリアルに子どもの様な大人が成長していく過程を実感できる素晴らしい事業なのです。
「ひきこもり…」解決サポートでは「お子様問題・家族問題・家庭内問題」の中でもお子様に関わる問題やトラブルを専門に対応しております。「ひきこもり」「大人のひきこもり」「女性のひきこもり」「中高年のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などの悩みや問題を抱えておられる全国の様々なご家族、ご家庭からの相談を受け改善・解決サポートをご提供し、ご家族みんなの笑顔を取り戻すための懸け橋になれれば本望です。

必要不可欠なもの

最も必要なものは「環境」と「理解者」
「環境」と「理解者」が兼ね備えられると「安心」でき、そして「行動」へ

「ひきこもり」「大人のひきこもり」「女性のひきこもり」「中高年のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などでお悩みの方たちが現状問題(症状や状態)を改善、解決していくのに必要不可欠なものが「環境」です。 「環境」と同じく必要不可欠なものが「理解者」です。 「環境」と「理解者」この二つが兼ね備えられると「安心」へとつながります。 そして「安心」できる状態になると社会復帰や自立への「行動」につながります。 当事者(お子様)たちは一人一人それぞれに性格や特性があり状態も違えば求めるものも違います。「ひきこもり…」解決サポートでは一人一人それぞれに臨機応変に様々なサポート体制(「環境」と「理解者」=「安心」)を作り、「行動」できるようにサポートしていきます。

事業内容の紹介

「ひきこもり…」解決サポートは様々な症状や状態に対応しております。

ひきこもり・大人のひきこもり・女性のひきこもり

ひきこもりとは「自宅にひきこもって、社会的参加をしない状態が6カ月以上持続しており、精神障害がその第一の原因と考えにくいもの」と定義される。パソコン通信や電話で外の人との接触がある人、家事などをして家族と良好な関係を持っている人は該当しない。 子から親への家庭内暴力が伴うケースも多く、1990年代後半から問題視され始めた。正確な統計はないが、少なくても50万人以上~160万人位いると推定する識者もいる。 年齢的には中学生から見られ、30歳代、40歳代の症例もある。性別では、男性が6〜7割。欧米には見られず、日本に特徴的な現象と思われていたが、韓国でも症例が報告されており、子供を依存させやすい東アジア的親子関係が影響しているともいわれる。 長期間にわたって家庭内にひきこもり、社会的な活動に参加できない状態。対人恐怖症や気分障害、人格障害が認められる場合もあるが、ひきこもり自体が問題の中心となる人がかなりいると推測される。不登校がきっかけとなることが多く、男性に多い。 家族との接触もほとんどなく、自室にこもって対人接触を全面的に回避しているケースもある。この状態が本人の社会性の成長を阻み、対人関係への自信を喪失させ、自己評価を下げる。 その他、強迫傾向、昼夜逆転、家族への攻撃性などが見られるが、生活態度とは裏腹に、社会で生きていけないことに対する焦りや苦悶がある。

ニート

ニート(NEET)とは「Not in Employment, Education or Training」または「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったもので、学校(予備校なども含む)に籍がなく仕事もしておらず進学および就業へ向けての活動を一切していない、未婚で家事や家業の手伝いもしていない者。
「若年無業者」とも呼称します。厚生労働省の調べでは、ニートの数は、平成27年は約56万人で、総務省が行っている労働力調査における、15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方を、いわゆるニートとして定義しています。また35歳を超えると「中年ニート」「中高年ニート」「高齢ニート」など様々な呼び方も存在しています。

SNEP(スネップ)とは

SNEP(スネップ、孤立無業者)とは、孤立した(Solitary)無業の(Non-Employed)人びと(Persons)を指します。「無職」「独身」「孤立」がSNEP(スネップ)の3大要素です。 より詳しくは「無職で人との交流がない、結婚したことがなく、学生でもなく、家族以外との人付き合いがない、孤立状態にある無業者」と定義されています。 大学中退で就職していない方の中にはこれに当てはまる方もいるのではないでしょうか。 いわゆるNEET(ニート)が15歳~34歳の無職の人々を指すのに対し、SNEP(スネップ)は年齢層が広く20歳~59歳の人々と定義し、就職していないことに加え「人付き合いがない」という点にフォーカスした言葉になっています。 SNEP(スネップ)は誰もが陥ってしまう現代病です。

不登校

不登校とは、何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、子どもが登校しない、あるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的理由によるものを除く)をいいます。 不登校とは、登校していないという意味であるが、「欠席」という用語が1日単位で用いられるのに対し、不登校という語は、ある任意(不特定)の時期について使われることが多い。 ただしこれらは、学校の通学課程(全日制の課程・定時制の課程など)の場合で、通信制の課程においては、一カ月から一週間に一日程度の面接指導日(出席日)が設定されているような例が多く、日常的に登校する課程ではないので、長期的なものであって、かつ、二者択一とした「登校・欠席」の類型には、当てはめにくい。 かつて不登校とは小中学校を対象に使われていたが、現在では高校、大学についても使われるようになってきています。

家庭内暴力

家庭内暴力(かていないぼうりょく)は、20歳未満の子が同居する親などに対して継続的に振るう暴力。
日本語としては1970年前後に現われた造語であり、広義には家庭内の暴力全般を指すが、親が子に振るう暴力は「児童虐待」、配偶者間の暴力は「ドメスティックバイオレンス」と言い分けるのが通例である。 暴力の内容は、相手に怪我を負わせるものから、暴言を主とするもの、家具や家財を破壊するなどケースにより異なるものの、家庭外では全く発揮されないという特徴があり、ターゲットは家庭内の親しい人物、特に母親となることが多い暴力の背景は、社会に対する不適応感(挫折感)から来るストレス、親からの過干渉に対する反発、自立の試みなど様々であり、統合失調症のような精神障害が原因であることは少ない。 精神障害の場合は児童精神科医が挙げられる。家庭内暴力は密室で発生するため実態の把握が難しいが、日本では1960年前後から顕著に現われ、近年では警察で把握しているだけで約2000件(2015年)にのぼり、件数としては増加が続いている。

非行・素行不良

非行とは、少年少女の、社会の決まりなどにそむく行為。 法律違反及びその潜在的可能性をもつ行動を言います。 例えば、いかがわしい場所の出入りをする、万引き、薬物使用、暴力行為、恐喝等があたります。 生活態度及び素行が悪いという意味から素行不良と呼ぶこともあります。法律的に非行とは、14歳から20歳未満のこの時期の少年少女たちの反社会的、反規範的行為を指していいます。 しかし、非行の低年齢化に伴って現在では概ね12歳以上の子どもたちの刑罰法令に触れる犯罪については少年法の適応がなされるようになりました。 この少年法の規定している年齢は個人差はありますが、ちょうど思春期にいる子どもたちがその対象になります。 また成人20歳を超えていても生活態度及び素行が悪いという意味でも素行不良と呼ぶこともあります。

少年少女非行

少年非行とは、未成年者によってなされた犯罪行為、及びこれに類する行為と社会的に判定された行為である。 少年法では、20歳未満の青少年による犯罪行為、触法行為及び虞犯(犯罪を行うおそれがある状態)を総称して「非行」という。

  • 犯罪行為とは、14歳以上20歳未満で刑罰法規に違反した行為のことをいう。
  • 触法行為とは、14歳未満で刑罰法規に触れる行為をした場合をいう。
  • 虞犯(ぐはん)とは、保護者の正当な監督に服さない、家庭に寄り付かない、犯罪性のある者や不道徳な者と交際する、自己又は他人の特性を害するなどの性癖有することから将来犯罪を行うおそれが濃いと判定された状態をいう(少年法第3条)。

これらに該当する少年少女は、少年少女保護の観点から、家庭裁判所の審判に付されることになる。夜遊びや不純異性交遊などの不良行為を、広い意味での「非行」に含めることもある。

お金の問題

よくあるお金の問題

  • 執拗なお金の要求
  • 金を出せと強迫及び恐喝
  • 暴力的なお金の要求
  • 親のクレジットカードを勝手に使い込む
  • 親の通帳、キャッシュカードを勝手に使い込む
  • 家中の金品や物を漁り盗み、質屋やネットにてお金に換え使い込む
  • 金銭を借りるが返さない
  • 万引き(窃盗)を繰り返す
男女問題・トラブル

【 性犯罪 】

性犯罪とは、法を犯して自身の性欲を満たすための罪のこと全般を言います。 代表的な性犯罪は、強姦罪や強制わいせつ罪ですが、痴漢やのぞき、ストーカーなども性犯罪とされています。 性犯罪は大きく分けて2つになります。暴力や脅迫を用いて、相手の意図していない性行為を行なう暴力的性犯罪と、それ以外の性犯罪(痴漢・のぞきなど)に分類されます。 また、性犯罪に該当しないものの、性犯罪に類似した違法行為もあります。

【 風俗嬢 】

風俗嬢(ふうぞくじょう)とは、風俗店に勤務し性的サービスを提供する女性従業員の俗称です。 細かい分類によってソープ嬢、デリヘル嬢などと呼ばれる場合もあります。 風俗嬢になる子は軽度の知的障害や発達障害、精神疾患(精神障害)を持つ女性が多い様です。 実際の統計は分かりませんが関係者の話ではよく耳にします。 一見そうは見えないが話をすると「頭悪いんじゃないの?」くらいの知的障害・発達障害の女性がスカウトマンに騙されて違法店で働く場合もあれば、軽度の知的障害・発達障害か精神障害(心の病)を患っているために他の仕事で上手くいかなかったけれど風俗ならできるという子も多いみたいです。 昼の仕事ができずに風俗嬢として働き仕事のストレスで心を壊してしまう子もいれば、他の仕事がうまくいかなくとも風俗嬢として仕事ができることで心を癒される子もいます。

【 DV(ドメスティックバイオレンス) 】

DV(ドメスティックバイオレンス)とは、かつては家庭内における夫からの妻に対する身体的暴力として理解されてきました。 しかし、この問題に対する関心、理解が広まるにつれて、現在では、法律的な語義としても、行為には直接的な身体的暴力だけでなく精神的、性的な暴力を含み、当事者が法律的に婚姻していない事実婚の者も含まれるほか、被害者は男性も含まれるなど非常に広い概念となっています。

【 ストーカー 】

ストーカー規制法で定められる「ストーカー行為」とは、ストーカー規制法2条1項に定められた「つきまとい等」にあたる行為を繰り返し行うことをいいます。 ただし、ストーカー規制法2条1項1号から4号までの行為(つきまといや待ち伏せ、行動を監視していると告げること、面会、交際等の要求、著しく粗野または乱暴な言動)については、「身体の安全、住居等の平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害され不安を覚えさせるような方法によって行われる場合」に限ります。 (ストーカー規制法2条2項)

依存症

依存症とは、行為や思考のコントロール障害です。 アルコール依存症、ゲーム依存症、買い物依存症、暴力(DV)など依存症にはいろいろなものがあります。 様々な依存症に共通するのは、自分の意志ではコントロールできないということです。 人は、心のさびしさや不安を紛らわそうと、身の周りにあるものに依存します。 たとえば、アルコールやたばこなどの「物質」に向かうものを「物質依存」といいます。 また、家族を暴力などで支配しようと「人」に向かうのは「人間関係・対人依存」といいます。 ギャンブルや買い物などの行為をする過程で得られる快感にはまってしまうのが「行為・過程(プロセス)依存」といいます。 これら三種類の依存は、本人だけでなく周囲もトラブルに巻き込んでしまう悪い依存です。

統合失調症

統合失調症とは、およそ100人に1人の割合で発症する病気と言われています。
統合失調症の症状は人それぞれで、個人差が大きいものです。 よく見られるのは、現実には存在しない人の声が聞こえる「幻聴」や、実際には起きていない出来事を現実にあるように思い込む「妄想」などで、これを「陽性症状」といいます。 ほかにも、意欲が低下する、生き生きした感情が見られなくなる、社会から引きこもりがちになるなどの「陰性症状」や、知能や記憶力などが低下する「認知機能障害」などがあります。 しかし、これらすべての症状が現れるとは限りません。

精神障害(心の病)
  • 精神に異常のみられる状態。
  • 平均的な状態よりも偏った病的な精神状態の総称。
  • 精神疾患およびその後遺症によって日常生活に支障がある状態。
  • 脳の器質的変化や機能的障害によって、さまざまな精神・身体症状や行動の変化が現れる状態。様々な原因により先天性・内因性・心因性・外因性に分けられる。

精神病・神経症・統合失調症・妄想性障害・気分障害などの精神疾患や、精神に作用する物質による急性中毒や依存症、精神遅滞、人格・行動・心理的発達・情緒などの障害が含まれる。 世界保健機関(WHO)の国際疾病分類では、精神神経症、人格異常およびその他の非精神病性精神障害、精神発達遅滞を含める。 医学・福祉・法律など用語が使用される分野によって意味・内容が異なります。

気分障害・不安障害

【 気分障害 】

気分障害とは気分の上がり下がりが主な症状となる疾患です。 その中にはうつ病や双極性障害や気分変調性障害や気分循環性障害などが含まれています。最近では非定型うつ病(新型うつ)も含まれています。 厚生労働省の患者調査によると「一生のうちに、気分障害(うつ病)になる頻度は約10人に1人と考えられている」とデータをあげているように、決して珍しい疾患ではありません。 また世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)により定められています。 気分障害とは大きな概念であり、気分障害の中には様々な疾病が含まれています。

気分障害の主な分類

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 気分変調性障害
  • 気分循環性障害
  • 非定型うつ病
  • 月経前不快気分障害(PMDD)
不安障害

不安障害とは、過剰なストレス・不安・恐怖によって体調を崩し、日常生活に支障をきたすような精神疾患の総称になります。 不安障害は、以前は「神経症」「不安神経症」などと呼ばれていたこともあります。 現在では「不安症」と呼ぶこともあります。不安障害は、非常に広い疾患を含んだ概念になるため、診断が困難になる場合が多々あります。 不安障害とは大きな概念であり、不安障害の中には様々な疾患が含まれています。

不安障害の主な分類

  • 全般性不安障害
  • パニック障害
  • 社交不安障害(SAD)
  • 強迫性障害
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  • 恐怖症
  • 適応障害
  • 解離性障害
発達障害・知的障害

【 発達障害 】

「発達障害」と言う言葉は、近年だいぶ世の中に認知されてきたと思います。メディアにも取り上げられる事も多くなり、(教育学者・心理学者・医療関係・福祉関係・民間企業など)幅広い分野で原因追及・改善・支援・解決の為の動きがみられます。認知度も高まり相談機関も増えているので「もしかしたら自分は「発達障害なのかもしれない…」と感じ、専門家に相談したり医療機関を受診する方たちが日を追うごとに増えているのが現状です。 「発達障害」は決して珍しいものではありません。「発達障害」が見過ごされ、適切な治療やサポートを受けずに大人になると、社会にうまく適応できず、苦しみ悩んでいる人はたくさんいます。 また、発達障害とは、生まれつきの脳の機能の発達に関する障害です。 注意力が欠け、落ち着きがなく、時に衝動的な行動を取る注意欠如・多動性障害(ADHD)対人スキルや社会性などに問題がある「自閉症」や「アスペルガー症候群」などを含む、自閉症スペクトラム(ASD)ある特定の能力(読む、書く、聞く、話す、計算、推論など)の習慣に不都合のある学習障害(LD)などの総称です。

【 知的障害 】

知的障害とは生活や学習面で現れる知的な働きや発達が同年齢の人の平均と比べゆっくりとしていることをいいます。 先天的・後天的さまざまな原因による脳の機能障害です。脳内の障害のため、見た目に分かりづらい障害です。 発語がなく身の回りの全面的支援が必要な最重度障害の人から、職業生活をほぼ送れる軽度障害の人まで、障害の現れ方にさまざまな違いがあります。 しかし、どんな重度の障害の人でも、それぞれの障害特性に合わせた教育や配慮と支援を受けながら、社会経験や学びを積むことにより社会に参加していけます。
「ひきこもり…」解決サポートでは、上記でご紹介した様々な症状や状態のご相談を受け、お子様の社会復帰支援、自立支援、生活環境改善支援など改善、解決へ向けてのサポート及びアドバイスをご提供しております。

ご挨拶

このたびは「ひきこもり…」解決サポートのホームページをご覧になっていただき誠にありがとうございます。
「ひきこもり」「大人のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などで悩み苦しみ行動できなくなっておられる当事者(お子様)やご家族の方たちが一人でも多く悩みから解放され改善・解決できることを願いサポートさせていただいております。

いくら「考え、迷い、苦しみ、悩み続けても…」結果として、いつになっても現状が変わることはありません。 とにかく悩み続けることよりも「行動を起こし!」「行動を起こさせる!」ことを考えてみて下さい。 とはいえ何をしてよいのさっぱりわからないはずだと思います。 まずは知識を得るために専門機関へのご相談から始めてみてください。 何事もあきらめずに前進することで、道は必ず開けます!

「ひきこもり…」解決サポートは「お子様問題・家族問題・家庭内問題」の専門相談機関です。 「ひきこもり・ニート・不登校・家庭内暴力…」以外の「お子様問題・家族問題・家庭内問題」にも幅広く対応しております。 「ひきこもり」「大人のひきこもり」「ニート」「SNEP(スネップ)」「不登校」「家庭内暴力」「非行・素行不良」「お金の問題」「男女問題・トラブル」などを引き起こす要因として「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などが関係している可能性が大いにあります。 「ひきこもり…」解決サポートでは「依存症」「統合失調症」「精神障害(心の病)」「気分障害・不安障害」「発達障害・知的障害」などの様々な症状や状態に対応しておりますが、症状や状態には個人差がありますことをご理解下さい。まずはお電話・メールにて当事者(お子様)の症状や状態をお知らせください。当事者(お子様)の症状や状態に合わせたサポート体制(「環境」と「理解者」=「安心」)や対応プラン「目標や目的(ゴール)」をご提案させていただきます。 最後まで、弊社ホームページをご覧になっていただき誠にありがとうございます。 「ひきこもり…」解決サポートは、お子様、ご家族、ご家庭の明るい未来を目指し、家族の一員となり全力のサポートをご提供させて頂きます。「ひきこもり…」解決サポートにすべてお任せください!

あなたのお悩み全力でサポートさせていただきます。

「男女のお悩み」解決サポート

PAGE TOP