関連ニュース・事件

20代~50代の「孤独死」割合に衝撃…「親が亡くなった後」の残酷
  • 中高年のひきこもりという、命にも関わる深刻な社会問題。ここでは臨床心理士の桝田智彦氏が「セルフネグレクト」と「8050問題」について解説し、ひきこもりの実情を紐解いていきます。 ※本連載は、書籍『中高年がひきこもる理由』(青春出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。


    ひきこもりは、「命にかかわる孤独の問題」

    今のところ、ひきこもりと無縁な生活を送ってきていれば、「閉じこもっていても、なんだかんだ生きているのだから問題ないのでは?」と思う方もいるかもしれません。


    この問いに対しては、ひきこもり、そしてひきこもりによる「孤独」はときに、その人の命をも奪う重大な問題となりえることを申しあげたいと思います。とくに中高年のひきこもりでは、「孤独による死」が顕著に見受けられるのです。


    ひきこもりを日本のどこかで起きている社会問題と曖昧に考えるのではなく、ひきこもりは「命にかかわる孤独の問題」であると、考えていただきたいと思います。そして、その意味でも、決してひきこもりは他人事ではないのです。


    そうは言っても「孤独が死につながる」ということに、いまひとつ実感が持てない方も多いと思います。ここでは、孤独がいかに人を追いつめてしまうかをお話ししましょう。


    人は意図せずに、ひきこもり状態となった場合、その多くが心理的に孤独な状態となります。この孤独によって、自分を粗末に扱うセルフネグレクト状態になります。


    2018年に出版された『セルフ・ネグレクトの人への支援:ゴミ屋敷・サービス拒否・孤立事例への対応と予防』(岸恵美子:編/中央法規)によると、セルフネグレクト状態に陥ると、単純にやる気が起こらなくなるだけでなく、次のようなさまざまな状態が現れることがわかっています。


    (1)不潔で悪臭のある身体状態(人並みな身繕いをしない)


    (2)不衛生な住環境(ゴミを捨てない・害虫を駆除しない)


    (3)生命を脅かす治療やケアの放置(疾患の治療や服薬を中断・拒否する)・奇異に見える生活状況(破れた服を着て外出する)


    (4)不適当な金銭・財産管理(日常的な買い物や、公共料金・家賃の決済など、自分の財産管理が適切にできない状態)


    (5)地域の中での孤立(近隣住民との関わりを拒否する、家にひきこもるなどの社会的孤立)


    これら(1)~(5)を見てもわかるように、セルフネグレクトは、生きることを放棄している状態であり、別名「穏やかな自殺」とも言われています。


    ひきこもりによる孤独、そして、その孤独によるセルフネグレクトは、命の問題にかかわってきます。実際、一般社団法人日本少額短期保険協会孤独死対策委員の2019年の『孤独死現状レポート』では、60歳未満の現役世代(20代~50代)の孤独死は男女ともに死因の全体の約4割を占めているのです。


    さらに、全国的な統計ではないものの、こんな報告もあります。2017年東京都区部の死亡総数7万8278人のなかの異常死は1万3118人。この異常死のなかで孤独死はなんと4777人で、36%にも及ぶというのです。


    これらすべてがセルフネグレクト状態にあったとはもちろん言えませんが、ただ、孤独が人を追いつめ、死に導いていくことがおわかりいただけたかと思います。ひきこもりは、「命にかかわる孤独の問題」であると言えるのです。


    親が死んだら…「生活保護費に頼るのも厳しい」ワケ

    中高年ひきこもりの抱える問題として、避けて通れないものが、もうひとつあります。


    それが、「8050(はちまるごーまる)問題」です。長期化するひきこもりによって、ひきこもりの方々を支える親が80代になり、その80代の親の年金で50代の子どもを支えていかなければならないというのが、この問題の中心的テーマと言えます。


    ひきこもりの長期化と高齢化は、現在も進行中です。このままでは「9060問題」になるのも時間の問題でしょう。そのため、「8050問題」はきわめて深刻な社会問題となっているのです。


    さらに深刻なのは、親が亡くなったあと、ひとり残された子どもが、収入が途絶えて、餓死する可能性がある点でしょう。


    内閣府が行った中高年のひきこもりの実態調査によると、40歳~64歳のひきこもりの推計数が61万3000人。そのうち、生計を立てているのが、ひきこもっている「本人」が約30%で、「父親」が約20%、「母親」が約13%です。「父親」と「母親」を足すと約33%。つまり、ひきこもりの実に3割強の人たちが親の収入に頼っていることになります。


    この3割強の方々の一番の不安は、言うまでもなく親が亡くなったあとの生活でしょう。親の収入が途絶えてしまったら、どうやって食べていけばいいのか……。本人だけでなく、当然、親御さんたちの最大の不安でもあり、カウンセリングにおみえになる70代、80代の親御さんたちもその多くが「私が亡くなったあと、子どもがどうなるのか。それを考えると、夜も眠れません」と、不安を訴えられます。


    親が亡くなって、年金という収入が途絶えれば、生活保護などの社会保障に頼ることもできそうですが、最近では、国も地方自治体もこれまでにないほど生活保護費の削減に「熱心に」取り組んでいるように感じます。生活保護の受給許可が下りるのは、税収の低い地方自治体ではかなり厳しいのが現状です。


    収入がゼロとなり、ひきこもりで働くこともできないし、たとえ、働きたいという気持ちがあっても「50歳の壁」に阻まれるなどして、中高年の方たちが就職先をみつけることは至難の業と言えます。


    親まで「命の危機に直面」し得る

    生活保護も受けられない、仕事も見つからないとなれば、どうなるのでしょう。収入は完全に途絶えてしまいます。そうなれば、当然のこととして、お米も買えなくなり、最終的には餓死するしかありません。この点から見ても、「ひきこもりは人が生きていけるか、いけないかの問題」であり「命の問題」なのです。


    このようなお話をすると、餓死するほどの状況になるまえに誰かに相談したり、助けを求めることはできないのか──。そう考える方もいるでしょう。それができないことが、中高年のひきこもりの抱えるさらなる問題です。


    ひきこもりが長期化すればするほど、社会とのつながりは失われていき、社会での行き場も、居場所もなくなって情報からも隔絶され、孤立していきます。孤立し、孤独のなかでやっと生きているひきこもりの人たちは、生きるか死ぬかというときにも相談したり、助けを求めたりする友人も、親戚の人たちもいないのです。


    ひきこもっている当人だけでなく、親もまた命の危険に直面する可能性もあります。


    70代、80代ともなれば、病気で倒れたり、要介護になったりする可能性も高まります。そうなったときには、年金から医療費や介護費を捻出すればいいわけですが、ひきこもりの子どもの生活費も年金で賄(まかな)っているわけですから、金銭的な余裕がなく、病院へも行けず、介護サービスも受けられないまま、親子が共倒れするケースも現に起きているのです。


    2018年3月5日付けの北海道新聞が「母と娘、孤立の末に札幌のアパートに2遺体82歳と引きこもりの52歳「8050問題」支援急務」として、ひきこもる中高年とその親が孤立死したという事件を伝えました。


    親子ともに社会福祉にも医療にも繋がりがなく、前年12月の中旬に母親が、同年末に娘さんが低栄養状態による低体温症で亡くなるという痛ましいものです。これは氷山の一角に過ぎず、今後、支援策を整備しなければ同様の孤立死は増え続けるものと思われます。


    これらのことからも「8050問題」はひきこもりの本人にとっても深刻であり、それだけではなく、親をも巻き込みかねない大問題なのです。また、親が子のひきこもりを隠してしまうことで、子の命も巻き込みかねない大問題であることもあわせてお伝えしておきます。


    桝田 智彦


    引用先:https://news.yahoo.co.jp/articles/3d33d7fceb77f8a4dff874c8d6804a62a15f7029


様々な状態に対応

「男女のお悩み」解決サポート

PAGE TOP