関連ニュース・事件

起立性調節障害を患う高校生の一日 無理は禁物、自分をほめて劣等感やわらげる




  • 毎日心がけることは水分と多めの塩分摂取





    起床 早めに起きてゆっくりする





    登校準備 血圧測定で学校に行くか判断






    帰宅後 眠れるようにクラシック





    勉強は短時間集中で勉強


    勉強は短時間集中で行います。朝にテキパキと行動することが難しいため、翌日の学校の準備を完璧にしてから10時には就寝しています。 起立性調節障害と診断されてから、私は自分に厳しくしすぎないように気を付けています。「朝から学校に行けた私、えらい!」と自分をほめてあげることによって、劣等感を和らげることができています。 どうか「怠けている」と陰口を言わず、温かく見守っていただければと思います。


    引用先:起立性調節障害を患う高校生の一日 無理は禁物、自分をほめて劣等感やわらげる(高校生新聞オンライン) – Yahoo!ニュース




様々な状態に対応

「男女のお悩み」解決サポート

PAGE TOP