依存症

依存症とは

依存症とは、行為や思考のコントロール障害です。
アルコール依存症、ゲーム依存症、買い物依存症、暴力(DV)など依存症にはいろいろなものがあります。様々な依存症に共通するのは、自分の意志ではコントロールできないということです。 人は、心のさびしさや不安を紛らわそうと、身の周りにあるものに依存します。たとえば、アルコールやたばこなどの「物質」に向かうものを「物質依存」といいます。また、家族を暴力などで支配しようと「人」に向かうのは「人間関係・対人依存」といいます。ギャンブルや買い物などの行為をする過程で得られる快感にはまってしまうのが「行為・過程(プロセス)依存」といいます。 これら三種類の依存は、本人だけでなく周囲もトラブルに巻き込んでしまう悪い依存です。

依存症の種類と分類

悪い依存は大きく分けて三種類

1:物質依存

何らかの方法で体内に物質を摂取し快楽や刺激を得て、その物質に対し執着・依存してしまう。

  • アルコール依存症
  • タバコ依存症(ニコチン依存)
  • 処方薬依存症
  • 薬物依存症(違法薬物・脱法ハーブ等)
  • カフェイン依存症
  • 食に対する依存症・摂食障害(過食症)

2:行為・過程(プロセス)依存

ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めその行為自体に執着し依存してしまう。

  • ギャンブル依存症
  • パチンコ依存症
  • ネット依存症
  • 携帯電話・スマホ・メール依存症
  • ゲーム依存症
  • オタク的依存症
  • 買い物依存症
  • 借金依存症
  • 恋愛依存症
  • 性依存症(セックス依存・性犯罪
  • 浮気依存症
  • 占い依存症
  • 仕事依存症
  • 食に対する依存症・摂食障害(過食症)
  • 窃盗症
  • 自傷行為依存症

3:人間・関係・対人依存

ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めその行為自体に執着し依存してしまう。

  • 共依存
  • 依存性パーソナリティ障害
  • 恋愛依存症
  • 性依存症(セックス依存・性犯罪)
  • 世話型依存
  • 介入型依存
  • 職場依存
  • DV(ドメスティックバイオレンス)
  • ストーカー
  • 回避依存症
  • 虐待
  • ネグレクト

依存症の克服

アルコール依存症、ギャンブル依存症、ネット依存症、薬物依存症、性依存症などこれ以外にも様々な種類の依存症があります。
禁酒したい、禁煙したい、ギャンブルを止めたいなど、止めなくてはいけないけど止められない人は、自分が依存症なのかもしれないと不安になってしまっている人も多いのではないでしょうか? 依存症は自分の意志だけで治すことはなかなかできません。できるだけ早めに家族や専門家に相談しましょう。
依存症を克服するには、本人の努力だけではどうにもならないことがあります。専門家によるサポートが必要なのはもちろんですが、家族や周囲のサポートも大切になります。 本人が克服しようと努力している場合は、家族もできる限りサポートして、克服できるように精一杯の支援をしてあげましょう。
「ひきこもり…」解決サポートでは、依存症か否かの「診察や診断」といった医療行為は行っておりません。依存症の方々によくみられる「様々な依存症の特性」を理解し改善・解決へ向けてのアドバイスやサポート(社会復帰・自立支援)を、ご提供しております。私たち「ひきこもり…」解決サポートが、ご家族の皆様の悩みや問題を全力でサポートし解決へと導いていきます。

様々な状態に対応

「男女のお悩み」解決サポート

PAGE TOP